皆成病院

トピックス

リハビリ機器が新しくなりました

 

 

 当院リハビリ室には様々なリハビリ機器がありますが、ウォーターマッサージベッド、SSP治療器、低周波・干渉波治療器を新しいものに更新いたしました。

 

 

 

ウォーターマッサージベッド

 

 「もみ」、「たたき」、「ほぐし」、「さすり」、「のばし」、「おし」の6種類の手技に見立てた水圧刺激をより効果的に、そして心地よく体感できる全身用ベッド型マッサージ器です。特に肩こり・腰の痛みに効果があり、今までには無かった肩の上からの「打たせ湯」のような刺激も加わりました。

 

 

 

 

 

SSP治療器

 

 

 電極をツボにつけ、低周波通電を行うツボ表面刺激療法です。 鍼を使用した場合に近い刺激効果が得られ、「鍼を刺さない鍼療法」と呼ばれ高く評価されています。

 

 

 

 

 

低周波・干渉波治療器

 

 

 神経の働きを調整し、体の不調を和らげるのがこの干渉波療法(低周波)です。神経を刺激し、マヒ等に効果があるとともに、筋肉をマッサージしてコリなどを和らげ血行を促進する効果もあります。筋肉や神経にやさしく作用し、「コリ・マヒ・痛み」に効果を発揮します。干渉波は4点2組、6点3組で通電するため、より立体的、深部に広範囲に治療できます。
 吸引導子で治療するときは、吸引の強弱を繰り返すことにより、,リズミカルな刺激がもまれているようで気持ち良く、うっ血などに効果があります。